ソープランドの摘発・逮捕基準について弁護士ドットコムニュースの取材を受けました♪ - キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

全国対応!風俗業界に強い顧問弁護士

トップページ弁護士コラムニュース > ソープランドの摘発・逮捕基準について弁護士ドットコムニュースの取材を受けました♪

ソープランドの摘発・逮捕基準について弁護士ドットコムニュースの取材を受けました♪

弁護士 若林翔 2019/09/23更新

北九州市最大のソープランド「バカラ」(同市小倉北区)が9月18日、売春防止法違反の疑いで摘発されたニュースについて,その逮捕基準等について解説しております。

ソープランドだって本番はダメだ。

警察から目をつけられれば売春防止法違反で逮捕される。

では,どんな場合に警察から目をつけられるの??

北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ? 警察が動く基準はなんなのか

弁護士 若林翔

弁護士法人グラディアトル法律事務所代表弁護士。 東京弁護士会所属(登録番号:50133) 男女トラブルや詐欺、消費者被害、誹謗中傷など多岐にわたる分野を手掛けるとともに、顧問弁護士として風俗やキャバクラ、ホストクラブなど、ナイトビジネスの健全化に助力している。

カテゴリ一覧

新着記事

トラブル解決は、500件以上の実績ある
風俗業界専門弁護士におまかせください!

相談料無料(※)
0円

キャバクラ・ホスト・風俗業界に強い税理士、行政書士、 経営コンサルタント、探偵と連携し、ワンストップで問題を解決します。
※弊所相談規定に照らして、無料相談をお受けいたしかねることもございますので、ご了承ください。

どんな些細な質問でも構いませんのでお気軽にご相談ください。
プロフェッショナルが誠心誠意お答えします。
ただいまお電話が繋がりやすいです
03-6274-8960
営業時間 10:00〜20:00