弁護士 森山珍弘

司法試験合格後、司法修習を経て、グラディアトル法律事務所に入所し、2021年から大阪グラディアトル法律事務所の代表弁護士を務めています。

法律の専門家であることは当然として、弁護士がより身近な存在となり、できるかぎり多くの方のお力添えをできるようになるのが当面の大きな目標です。

基本情報

資格・登録等の情報

法曹資格弁護士
所属弁護士会大阪弁護士会
弁護士登録番号57389

経歴

大阪府立天王寺高校
大阪市立大学法学部
関西学院大学法科大学院

パーソナリティー

出身地大阪(鶴橋)
趣味ゴルフ(始めたところ)、スポーツ観戦
好きな言葉質実剛健、文武両道
尊敬している人両親
意外な一面プライベートでは妻に頭が上がりません
一言仕事でもプライベートでも人と話すことが好きなので、ぜひ気軽にお問い合わせください

ソーシャルメディア情報

Twitter:弁護士 森山珍弘

note:弁護士森山珍弘

マスメディア掲載情報

テレビ掲載情報

『ニュース番組「VOICE」 レオパレス21建物施工不備だけでない…修繕費用が高すぎる?』(毎日放送 2019年03月18日)

ネットメディア掲載情報

『関電・金品受領 故人である元助役との会話や「どう喝」、裁判でどう評価される?』(オトナンサー 2019年10月05日)

『堀ちえみに「死ね」とコメントした主婦が書類送検…アウトな文言を弁護士に聞く』(日刊SPA! 2019年07月19日)

『中国「北京ビキニ」規制話題に…屋外で“上半身裸”になる行為、日本で法的問題は?』(オトナンサー 2019年07月19日)

『トホホ…… 災害時の「自宅待機」基本は賃金が発生しない ええっ、どうして?(闘う弁護士先生)』(J-CASTニュース 2019年07月17日)

『「コンビニで電話料金を払ったら収入印紙代を取られた」投稿が話題 弁護士「印紙代はコンビニが負担」』(ねとらぼ 2019年05月14日)

『ピエール瀧問題で、石野卓球に“説明責任”はあるのか?』(日刊SPA! 2019年04月06日)

『相次ぐバイトテロの炎上動画、撮影した人にも賠償責任はある?』(日刊SPA! 2019年02月19日)

記事執筆情報

裁判例情報 

【原告代理人・被告代理人】原告訴訟代理人弁護士
【裁判種別/裁判所】判決/東京地方裁判所(第一審)
【裁判年月日】令和2年9月29日
【事件番号】令和2年(ワ)第1085号
【事件名】発信者情報開示請求事件
【裁判結果】認容
【原告代理人・被告代理人】原告訴訟代理人弁護士
【裁判種別/裁判所】判決/東京地方裁判所(第一審)
【裁判年月日】令和2年6月17日
【事件番号】令和1年(ワ)第24013号
【事件名】発信者情報開示請求事件
【裁判結果】認容